印鑑の明大 > 印材との相性

印材との相性

印材との相性

これから一生お使いいただく開運吉相印鑑を自分と印材の相性により、さらに運気の良い開運吉相印鑑を探す方法があります。開運吉相印鑑の場合、印材には相性あり、生まれ年から印材との相性が分かります。自分の開運吉相印鑑には、どの印材が合うかを知ることも大事です。

印材

開運吉相印鑑の印材は象牙と水牛(黒水牛、オランダ水牛)と柘植(本柘、柘)が最も適しています。

【象牙の印材の意味】
象牙の印材には陽の動きで、性格を明るくする働きがあり陽気で積極的な性格になりたい人に良い。経営者、営業マンなどの人とよく接する人やに向いています。

象牙の印材

【水牛の印材の意味】
水牛の印材は陰の動きで押さえる働きがあり、落ち着いた性格になりたい人に良い。公務員、事務員、技術者などの職業をされる方に向いています。印鑑の印材は、自分の性格から印材を選ぶのもいいでしょう。
水牛の印材 もし、印材選びでお迷いの方やさらに運気の良い開運吉用印鑑をお探しの方は、下記の「あなたの生まれ年による吉相印材適合表」をご参考にしてください。

あなたの生まれ年による吉相印材適合表
九星気学 生まれた年 相性の良い印材
一白水星 昭和   2・11・20・29・38・47・56 平成  2・11 象牙、黒水牛、オランダ水牛、柘植
二黒土星 昭和 10・19・28・37・46・55・64 平成  1・10 象牙、黒水牛、オランダ水牛
三碧木星 昭和   9・18・27・36・45・54・63 平成  9・18          黒水牛、オランダ水牛、柘植
四緑木星 昭和   8・17・26・35・44・53・62 平成  8・17          黒水牛、オランダ水牛、柘植
五黄土星 昭和   7・16・25・34・43・52・61 平成  7・16 象牙、黒水牛、オランダ水牛
六白金星 昭和   6・15・24・33・42・51・60 平成  6・15 象牙、黒水牛、オランダ水牛
七赤金星 昭和   5・14・23・32・41・50・59 平成  5・14 象牙、黒水牛、オランダ水牛
八白土星 昭和   4・13・22・31・40・49・58 平成  4・13 象牙、黒水牛、オランダ水牛
九紫火星 昭和   3・12・21・30・39・48・57 平成  3・12 象牙、黒水牛、オランダ水牛、柘植

※1月1日より2月3日までに生まれた人はその前年生まれの人と同じ星となる。
例)昭和45年の8月5日生まれの人の相性の良い印鑑の印材は「黒水牛、オランダ水牛、柘植」です。
例)昭和57年の1月27日生まれの人の相性の良い印鑑の印材は「象牙、黒水牛、オランダ水牛、柘植」です。